てきとうnote

発達障害の生き辛さとかあれやこれや

自分に呪いをかけない

親戚宅に泊まり心がバキバキに折れています。

いや、使えない子(中年だけど)だな~と思われてるんだろうなと

思ったけど、ホントにそう言われてたとは…。

家族に後から聞きました。

 

手伝って欲しかったらその時その場で言ってよ。

やってもらいたいことを察して行動するなんて、絶対出来ないから。

人の家の家事のやり方って独自のルールがあって、

先ず何がどこにあるかわからないし、

出来れば視覚認識の方が得意なので、

紙に指示書を書いて出して欲しい。

 

あー、生きることのめんどくささよ。

でも「自分なんて何をやってもどうせ駄目だから」

とか、「伝えても誰にも理解して貰えない」

などと自分で自分に呪いをかけるのは

止めたいのです。

 

自転車に乗りながらタバコ吸ってるおっさんに、

「雷が落ちればいいのに」とは思うけど。

できれば自分も他人も呪わずに生きたいですね。

 

旅行中ストレスといつもと違う

化粧品を使ったせいで肌が荒れました…。

旅行の時こそ面倒がらずにいつもと同じものを

持って行こう。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

アトミック・ブロンド

お題「最近見た映画」

 

あんまり興味がなかったけど友人に借りたので。

シャーリーズ・セロン、『モンスター』の醜い姿から、

今回のように武闘派だけどため息が出る美女まで

役の幅が広くて凄い。そして美しい。

ベルリンのホテルも妙にオシャレでした。

 

スパイ映画を見るたびに私が思うのは、

「語学を勉強しよう(せめて英語)」です。

スパイに一番必要なのは、たぶん周囲に溶け込む事とか

駆け引きをする心理戦や記憶力ではなく語学だと思う。

ボーンシリーズを見てもいつも感じます。

 

それと、やっぱり最近見た「サスペリア(リメイク)」

でもそうだけど、この時代の人って女性でもめちゃめちゃ

チェーン・スモーカー。

サスペリアはリハーサルとか舞台の本番寸前まで

吸ってて、衣装に匂いつかない?とか灰はどうすんだ?

とそっちの方が気になりました。

原作よりグロいけど、怖くなかった。

 

映画『サスペリア』公式サイト

 

 

明日から旅行

台風は何事もなく過ぎていきました。

頭痛とめまいと眠気は凄かったけど。

 

明日から気の重い旅行です。

旅と言っても観光じゃなく、家族行事というか、親戚の家に

泊まる苦行…。

あー行きたくないなぁ。

せめてホテルに泊まるんだったらなあ。

 

気配りはできないけど、ひどく気を遣う、 

他人の家でいつも通りふるまうことが出来ず

ストレスを貯めやすいタイプなので、憂鬱。

たぶん避難所なども適合できず早々に

自宅へ帰るか外へ出る人だと思います。

実家の時も、猫と犬がいたので避難命令が出ても

最悪自分だけは家に残ろう と思っていました。

 

 

集団行動がほんとにツラい。

しかも食物アレルギー持ちだし(この辺りももし避難したら?

と考えると心配なポイント)。

今回もグルテンフリーな食べ物を多少持って行きます。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村